家族が集まる空間にしたい!吹抜けリビングのある家事動線の良い間取り

吹抜けリビングのある間取り

お悩みレベル★☆☆☆☆「自分に合う間取りが知りたい!」相談事例

今回の間取り相談は「どこにいても家族の気配を感じられる家にしたい」という新婚夫婦のご主人Nさんからの、間取り作成のみのご依頼です。

これから家族で暮らしていく、明るく楽しいと感じる家が建てたいとのこと。住み心地が良く、家事が楽にできる家にしたいということで「みゆう間取り相談室」にご依頼がありました。

それではNさんが思う「家族を感じられる間取り」とはどのような家なのでしょうか

家族を感じられる間取り
  1. 吹抜けのある家(1階と2階がつながる)
  2. LDKの近くに4帖程度で良いので和室
  3. キッチンを中心に洗濯やアイロンがけや片付けなどスムーズな動線
  4. 明るい家(家族が集まりやすい空間)

リラックスする場所ではゆっくり過ごせて、家事ラクな素敵な間取りの住まいにしたいそうです!あたらしい家族のあたらしい暮らしを、主婦・母目線でご提案していきましょう。

そこで、南向きで吹抜けのある、家事動線の良い間取りの住まいを作成しました。

吹抜けリビングのある家事動線の良い間取り

それでは、この間取りができるまでの相談の流れをご紹介します。

提案間取りをすぐに見たい方はこちら

Nさんが間取り相談を依頼した理由

まずは、Nさんが間取り相談を依頼した理由を伺いました。

間取り相談を依頼した理由
  • 住宅メーカーからの提案の玄関の位置が気になっていた
  • 素敵な間取りの家にしたいと思った
  • 家事動線の良い家にしたいので女性目線で専門家からアドバイスがもらいたい

なるほど!わかりました。それでは家事動線の良い家にしていきましょう!

Nさんの間取りの要望

まずはNさんが住宅メーカーに伝えている間取りの要望を教えてもらいました。

建物の要望
  • 住みごこちが良く明るい家
  • 吹抜けのある家
間取りの要望
  • リビング10畳、ダイニングキッチン14畳、シューズインクローゼット4畳、ウォークインクローゼット4畳、畳の部屋4畳、寝室8畳、寝室付属のクローゼット4畳程度、子供の部屋2部屋くっつけて12畳、納戸3畳、適度な押入れと収納、吹き抜け6畳程度
  • キッチンを中心に、洗濯やアイロンがけ、スムーズな動線にしたい
  • 帰宅時のスムーズな動線
  • 布団が干すことの出来るスペース
  • 花粉症の時期に部屋干しスペースが欲しい

部屋の広さはかなり具体的に考えていますね。

住宅メーカーの間取りを診断!

次に住宅メーカーと検討中の間取りを確認しました。チェックポイントは「家事動線」と「心地よい居場所」についてです。

Nさんは明るくて居心地の良い家にしたい、ということでしたが住宅メーカー案の玄関は南面に作られていました。広めのリビングダイニングをご希望なのに南面を玄関に使ってしまうのはもったいないですね。また、家事動線は良さそうな間取りでしたが、家族がいつも集まってくるリビングダイニングにしたいのにも関わらず、ダイニング付近が常に通り道になってしまうことも気になりました。

いつも家族を感じられる間取りをご提案!

そこで間取り診断で気になったところや、要望と合わない部分などを改善して、家事ラクで家族を感じられる間取りを作りました。

1階間取り

吹抜けリビングのある家事動線の良い間取り1階

2階間取り

吹抜けリビングのある家事動線の良い間取り2階

それでは、この間取りのポイントについて紹介します。

動線が良く家事も育児もしやすい間取りのポイント

日当たりの良い南側にLDKのある間取り

ポイントは「南側の有効利用」と「キッチンを中心とした家事動線」です。

元の間取りはガレージのある南側に玄関を設けていましたが、日当たりの良い南面はリビングダイニングにしたい!と思い、吹抜けを設けたLDKを南側に配置して明るく開放的な間取りにしました。

家事動線の良い間取り

家事動線の良い回遊できる間取り

キッチンの隣にパントリー、洗面所、脱衣室(洗濯室)、さらに洗面所を出てすぐのところにファミリークローゼットを設けている、家事動線の短い回遊できる間取りです。キッチンから直接洗面所にも行けますし、キッチンを通らず廊下から洗面所に入ることも可能です。

使う場所の近くに収納+水回りの動線

使う場所の近くに収納できる間取り

キッチンのすぐ隣にパントリー、また洗面所をでてすぐの場所にファミリークローゼットを設けています。収納するゾーンが集中しているので、片付け作業をするときに動き回らなくて済みます。

また、洗濯をするときも浴室乾燥や衣類乾燥機を使う場合はすぐファミリークローゼットに片付けられますし、2階の室内干しスペースで洗濯物を干す場合もリビングやダイニングを横切らずに1階ファミリークローゼットに片付けられます。

洗濯物を干す場所(部屋干し+外干し)

洗濯物の片付け動線の良い家

元案では部屋干しスペースが明確ではなかったので、バルコニーに面して日当たりの良いスペースで部屋干しできるようにしました。洗濯物を干さないときは一人掛けのソファなどを置いてゆっくり過ごせる場所です。吹抜けにも面しているのでリビングの様子が見られますし、ファミリーデスクを設けても良いでしょう。

バルコニーに面した部屋干し空間

実例:洗濯部屋干しができるインナーテラス(みゆう設計室)

衣類収納は日常着が1階のファミリークローゼット、それ以外は2階の主寝室内ウォークインクローゼット(または個室)に収納することになると思いますが、廊下からウォークインクローゼットに入れるのでこちらも片付けが楽になります。

帰宅時のスムーズな動線(ただいま動線)

帰宅時のスムーズな動線に憧れる」と言われていたNさんのご要望に答えました。

帰宅 玄関→シューズクローゼットへ

「シューズクローゼット」で靴や荷物を片付けた後にコートをかける
「洗面所」で手洗いうがいをする

「パントリー」に買い物したものを片付ける

子どもの様子が見やすい間取り

子どもの様子を見やすい間取り

キッチンやダイニングから、リビング、和室、ワークデスク、階段、洗面所などの様子が見え、また階段と吹抜けがあるので2階の様子も感じやすい間取りです。家族を感じられる住まいにしたい、という要望にお応えしました。

新婚夫婦が安心できる家を建てたいときは?

家事ラク動線のいえづくり

間取り相談では新婚夫婦からのご依頼が多いです。子どもが生まれる前に家を建てておけばフットワークも軽いですし、新しい家で新しい家族の暮らしをスタートさせたいですものね!

しかし、新婚のご夫婦では共働き家庭の家事のしやすさや子どものいる暮らしなど、具体的にはイメージできないこともあるでしょう。

そんな時は、家事・育児、そして仕事との両立で自分も悩んできた女性建築士のご提案が活きてきます。

新婚のご夫婦が家を建てたい!でもどのような家にしたら家事・育児が楽になるか分からない!というときはぜひ「みゆう間取り相談室」にお問合せくださいね。

みゆう間取り相談室お問合せメールフォーム

よい間取りとは何か分からない【根本的なお悩み】自分に合う良い間取りが分からない