キッチンと洗面所が近い、家事動線の良い25坪の間取り【25坪3LDK】

キッチンと洗面所が近い、家事動線の良い25坪の間取り【25坪3LDK】

在宅勤務が多い、都市部の子育て家庭のコンパクトな家の間取り。延床面積が25坪で、LDKは17.1帖。居心地の良いゾーンを活かして、水回りを集中させ家事がしやすい間取りをつくりました。

このような家を建てたい人にオススメ!
  1. 都市部のコンパクトな間取りの家
  2. 水回りを集中させた家事動線の良い家
  3. リビングで居心地よく過ごせる間取り
  4. 個室を有効利用できる家

1階間取り

2階間取り

間取りの特徴

水回りを集中させた家事動線の良い25坪の間取り

水回りを集中させた家事動線の良い25坪の間取り

キッチンのすぐ横に洗面所のドアがあるので、洗濯が終わった様子もすぐにわかる家事動線の良い間取りです。洗面所の隣に階段があるので外干しする場合も、浴室や衣類乾燥機で乾かした時もした際にも、2階に衣類の運び出しがしやすい配置になっています。

リビング階段とL字のリビングで家族の繋がりを感じる間取り

リビング階段で家族の繋がりを感じる間取り

キッチン横に2階に上がる階段があり、家族が帰宅した様子が分かりやすい間取りです。日当たりの良い南側を家族で過ごす空間に。L型のリビングダイニングになっていて、過ごすゾーンに光が入りやすいように計画しています。

キッチン前はダイニングスペースにしても良いのですが、LDKにワークスペースが欲しいというご要望でしたので、ワークスペースやお子さんが遊べるスペースとして使う方法をご提案しました。ソファを兼ねたローダイニングをリビング側に設けると良いでしょう。リビングでの過ごし方次第で、ダイニングテーブルセットとソファセット両方設けなくても良いのです。

家事室としても使える個室がある間取り

家事室としても使える個室がある間取り

お子さんが小さい間は2階の個室は主寝室として1室を使い、在宅勤務用の部屋として1室を使うということでしたので、残りの1室は余らせたり納戸として使ってしまったりせずに室内干しできる家事室兼ファミリークローゼットして使うことをオススメしました。バルコニーを設けているので外干しも可能です。

この事例の間取り相談の流れ

※後日公開予定。

この事例について

この事例の悩みの分類

住宅メーカーの提案が不安 【住宅メーカーの提案に不安】何度変えても間取りが良くならない…

この事例の他の間取り

カウンターテーブルのある居心地の良い都市部の25坪の間取り【25坪3LDK】 カウンターテーブルのある居心地の良い都市部の25坪の間取り【25坪3LDK】

家事動線の良い間取りの家を作りたい方は

間取り相談をしたい

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。「みゆう間取り相談室」では、オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

間取り相談お申込み・お問合せ

家づくりのセカンドオピニオン

1回のみの間取り相談をしたあとに、間取りだけでなくクロスや外壁のアドバイス、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

家づくりのセカンドオピニオン

いえづくりのコツを知りたい

みゆう設計室は「いえづくりレシピ」というホームページで「家事ラク動線の家」のつくりかたについて書いています。ぜひこちらのホームページもご覧ください。

いえづくりレシピ

家事ラク動線の家の家を作ってほしい

みゆう設計室は、建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計します。みゆう設計室の家づくりについてはぜひ公式ホームページをご覧ください。

みゆう設計室公式ホームページ