吹抜けリビングとウッドデッキのある間取り【33坪3LDK】

吹抜けリビングとウッドデッキのある間取り【33坪3LDK】

3LDK+畳コーナー、吹抜けリビングとウッドデッキのある間取り。延床面積が33坪で、LDKは20.3帖です。家事育児を協力している共働き夫婦のための家で、日当たりの良い家にしたいというご要望で吹抜けリビングにしました。南側は建物が近接しているので、南東側の一番日当たりの良いスペースから光を取り込めるような計画にしています。

このような家を建てたい人にオススメ!
  1. 吹抜けのあるリビング
  2. リビングと一体に使えるウッドデッキがある
  3. 子育てしやすい家
  4. 間仕切り収納で部屋を分ける子ども部屋
  5. 明るく快適な家

1階間取り

吹抜けリビングとウッドデッキのある間取り1階

2階間取り

吹抜けリビングとウッドデッキのある間取り2階

間取りの特徴

吹抜けリビングのある明るい家

吹抜けリビングのある明るい家の間取り

南側は建物が近接しているので、南東から一番光が入りやすい場所(敷地の北東)に吹抜けリビングを設けた間取りです。リビングに面してウッドデッキを設けて、リビングと一体利用できる屋外空間を設けました。

またキッチンの南側にすこしゆったりとしたスペースを設けているので、本棚スペース、ワークスペースなどにすることも可能です。洗面所に洗濯物を室内干ししているときにお子さんが近くで遊んでいても大丈夫な間取りです。

間仕切り収納で分ける子ども部屋

間仕切り収納で部屋を分けられる子ども部屋

子ども部屋は間仕切り収納家具で分けられるようにしています。お子さんが小さいうちは子ども部屋を主寝室として使ってもOK。間仕切り収納家具を使う場合は、収納家具を入れた時に部屋が使いやすいようにドア位置、窓位置を決めることをオススメしています。

母屋下がりとなるスペースは収納に

斜線制限の都合上、2階の北側は天井が低くなる(桁落ち、母屋下がり)敷地であるため、この範囲にできるだけ収納を設けるようにしました。家事動線を考え、主寝室からも廊下からも入れるウォークインクローゼットにしています。

一部主寝室にも母屋下がり(天井下がり)の範囲がかかりますが、基本的には収納として使うエリアとしています。

「母屋下がり、桁落ち」とは

母屋下がり桁落ちとも言い、木造住宅の最上階で一般的な小屋梁の高さよりも低くなる範囲のことを示します。北側斜線(高度斜線)制限等で屋根を下げる必要がある時に母屋下がりにすることが多く、母屋下がり範囲は天井が斜めになり通常の天井よりも低くなります。

この事例の間取り相談の流れ

※後日公開

この事例について

間取りNo. 020-C
延床面積 33坪
建築分類 2階建、木造住宅、新築、3LDK
間取りの特徴 吹抜けリビング、家事室、母屋下がり、間仕切り収納家具、ウッドデッキ、畳スペース
家族構成 子育て家庭、共働き家庭

この事例の悩みの分類

よい間取りとは何か分からない 【根本的なお悩み】自分に合う良い間取りが分からない

この事例の他の間取り

家事に集中できる間取り【31坪4LDK】 家事に集中できる間取り【31坪4LDK】 中庭のある安心できる間取り【32坪4LDK】 中庭のある安心できる間取り【32坪4LDK】 回遊できる収納動線の間取り【33坪4LDK】 回遊できる収納動線の間取り【33坪4LDK】

家事動線の良い間取りの家を作りたい方は

間取り相談をしたい

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。「みゆう間取り相談室」では、オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

間取り相談お申込み・お問合せ

家づくりのセカンドオピニオン

1回のみの間取り相談をしたあとに、間取りだけでなくクロスや外壁のアドバイス、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

家づくりのセカンドオピニオン

いえづくりのコツを知りたい

みゆう設計室は「いえづくりレシピ」というホームページで「家事ラク動線の家」のつくりかたについて書いています。ぜひこちらのホームページもご覧ください。

いえづくりレシピ

家事ラク動線の家の家を作ってほしい

みゆう設計室は、建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計します。みゆう設計室の家づくりについてはぜひ公式ホームページをご覧ください。

みゆう設計室公式ホームページ