子育てしやすい、日当たりの良い間取りの家【33坪4LDK2階建】No.26B

子育てしやすい日当たりの良い間取り【33坪4LDK】

ぽかぽか陽気の和室で赤ちゃんと過ごしたいという家庭の4LDKの間取り。延床面積が33坪で、LDKは19.5帖。子育てしながら家事がしやすく、リビング階段で開放的な間取りをつくりました。

このような家を建てたい人にオススメ!
  1. 日当たりの良い和室で子育てできる間取り
  2. 洗濯物の室内干しがしやすい洗濯動線の良い間取り
  3. 開放的なリビング階段の間取り
  4. 将来的に分けられる子ども部屋のある間取り
  5. 2階を一体利用できる間取り

1階間取り

2階間取り

間取りの特徴

子育てしやすい日当たりの良い間取り

子育てしやすい日当たりの良い間取り

日当たりの良い和室で赤ちゃんと過ごしたいというご要望でしたので、LDKと和室を南側の日が入りやすい位置に設け、料理をしている間もお子さんの様子が見られる間取りにしています。

お子さんが大きくなった時にも、キッチンから見える位置にあるファミリーデスクで宿題ができます。

将来の状況に合わせて間仕切りできる子供室がある間取り

将来的に分けて使える子供室のある間取り

2階の階段上には少し広めの廊下で室内干しができるようにして、その横に洗濯物を畳む作業や、デスクワークができるファミリーデスクを設けています。

2階の各室は引き戸で入口が近接しているので、ドアをあければ2階全体で一体利用もできる間取りです。子供室も将来2室に分けられるようにしてあるので、お子さんが小さいうちは子ども部屋を主寝室として使うのも良いでしょう。

みゆう間取り相談室のインスタグラム

家事動線の良い家を作るには

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

1回限定間取り相談

1回のみの間取り相談をしたあとにクロスや外壁、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

セカンドオピニオン

間取り相談は一級建築士事務所みゆう設計室が行っています。建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計しています。設計事例もご覧ください。

みゆう設計室公式HP

家事が楽になる間取りを
女性一級建築士がご提案します

この事例について

この事例の悩みの分類

この事例の他の間取り