細長い敷地でピアノレッスン室がある間取り【33坪3LDK】No.76A

細長い敷地でピアノレッスン室がある間取り【33坪3LDK】No.76A

1階にピアノレッスンができる部屋のある細長い敷地の3LDKの間取り。延床面積が33坪で、LDKは19.0帖。北側斜線の影響で母屋下がりにする必要があるため、できるだけ南側に寄せて水回りを北側に配置したお住まいです。

このような家を建てたい人にオススメ!
  1. 細長い敷地を活かした間取り
  2. お教室も開けるピアノレッスン室がある間取り
  3. パントリーとL型キッチンのある間取り
  4. 夫婦それぞれのワークスペースがある間取り
  5. 室内干し用のサンルームがある間取り

1・2階間取り

細長い敷地でピアノレッスン室がある間取り

間取りの特徴

細長い敷地でピアノ室がある間取り

細長い敷地でピアノ室がある間取り

細長い敷地の一番開けた部分にピアノレッスンができる広い部屋を設けました。レッスン室には手洗いを2か所設けています。レッスン以外の時間には家族が体を動かしたり、親戚で集まったり活用する広いお部屋です。

パントリーとL型キッチンのある間取り

パントリーとL型キッチンのある間取り

キッチンをL型にして、通路を挟んだ向かい側にパントリーを設けました。食品ストックは多めと言うことで、一目で見られる棚のたくさんあるパントリーを提案しました。

リビングダイニングは一番見晴らしの良い場所に設けています。

夫婦それぞれのワークスペースがある間取り

夫婦それぞれのワークスペースがある間取り

ともに自宅で仕事を行うことが多いご夫婦。普段はダイニングで並んで仕事をすることも多いようですが、音を気にする仕事のときはお互いが気を使わなくても良いように1階に書斎を設けています。

お子さんも含めて、リビングダイニングのワークデスクは誰が使っても良いように広めにスペースを確保しています。

室内干し用サンルームのある間取り

室内干し用サンルームのある間取り

洗濯物は室内干しをすることが多いということで、風が通るサンルームを設けました。洗濯と室内干しをするためのスペースで、洗面所前の階段から階下のウォークインクローゼットにもアクセスしやすい間取りです。

みゆう間取り相談室のインスタグラム

家事動線の良い家を作るには

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

1回限定間取り相談

1回のみの間取り相談をしたあとにクロスや外壁、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

セカンドオピニオン

間取り相談は一級建築士事務所みゆう設計室が行っています。建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計しています。設計事例もご覧ください。

みゆう設計室HP

家事が楽になる間取りを
女性一級建築士がご提案します

この事例について

この事例の悩みの分類

この事例の他の間取り