建物が近接した敷地の日当たりを考慮した間取り【32坪4LDK】No.35A

建物が近接した敷地の日当たりを考慮した間取り【32坪4LDK】

建物が近接した敷地で光を取り込む工夫を盛り込んだ間取りです。延床面積が32坪で、LDKは17.6帖。玄関から洗面所、パントリー、キッチン、リビングダイニングと回遊できて家事が楽になる動線の家です。

このような家を建てたい人にオススメ!
  1. 建物が近接している敷地で光を取り込む間取り
  2. 回遊できる家事動線の良い間取り
  3. 吹抜けリビングのある間取り
  4. 子ども部屋を有効利用できる間取り

1階間取り

2階間取り

間取りの特徴

建物が近接している敷地で光を取り込む間取り

建物が近接している敷地で光を取り込む間取り

道路のある北側以外の東・南・西側の敷地には建物が近接している敷地であるため、光を取り込むために工夫しました。西日が室内を暑くすることを想定し、車を停めるスペースを東側にして朝をメインに光を取り込めるようにしました。リビングは高天井にしてサイドの高窓から光を取り込むように、ダイニングには天窓を設けてテーブル付近が明るくなるように窓計画をしています。

回遊できる家事動線の良い間取り

回遊できる家事動線の良い間取り

キッチンからパントリー、洗面所に入れる間取りです。帰宅してすぐに洗面所で手洗いもできる、回遊できる家事動線の良い間取りです。

将来子ども部屋にできるフリースペース

将来子ども部屋にできるフリースペース

子ども部屋を将来的に間仕切り壁を設けて2室に分けられるようにする事例はよくありますが、この家では将来的に子ども部屋に変えることも可能なフリースペースを2階に設けました。

お子さんが小さいうちは洗濯物を室内干しするための空間にしても良いですし、ワークスペースとしてデスクを設けても良いでしょう。バルコニーにも面しているので明るい室内干し空間になります。

みゆう間取り相談室のインスタグラム

家事動線の良い家を作るには

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

1回限定間取り相談

1回のみの間取り相談をしたあとにクロスや外壁、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

セカンドオピニオン

間取り相談は一級建築士事務所みゆう設計室が行っています。建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計しています。設計事例もご覧ください。

みゆう設計室HP

家事が楽になる間取りを
女性一級建築士がご提案します

この事例について

この事例の悩みの分類

住宅メーカーの提案が不安 【住宅メーカーの提案に不安】要望がうまく間取りに反映されていなくて不安…

この事例の他の間取り

回遊できる家事動線の良い間取り【32坪4LDK】 回遊できる家事動線の良い間取り【32坪4LDK】No.35B