変化に対応できる間取りのマンションリノベーション【33坪3LDK】No.37

変化に対応できる間取りのマンションリノベーション【33坪3LDK】

マンションの2軒分を子育てファミリーの1軒分の家にリノベーションする間取り。延床面積が33坪で、LDKは18.9帖。将来的に間仕切り収納を使ったり間仕切り壁を設けたりできる、自由度が高く変化に対応できる間取りです。

このような家を建てたい人にオススメ!
  1. 二世帯のプライバシーを確保しやすい家
  2. 帰宅動線の良い間取り
  3. 変化に対応できる自由度の高い間取り
  4. 過ごす場所の近くに収納がある間取り

間取り

変化に対応できる間取りのマンションリノベーション

間取りの特徴

帰宅動線の良い間取り

帰宅動線の良い間取り

帰宅して玄関収納に靴、コート等を片付け、隣にあるパントリーに買い物をしてきた食品類を収納できる帰宅動線の良い間取りです。玄関横には手洗いがあるので帰宅して手洗いができ、バッグ類も玄関付近に片付けられるように収納を設けています。

変化に対応できる自由度の高い間取り

変化に対応できる自由度の高い間取り

将来的に間仕切りできる主寝室や、納戸にできるホール(フリースペース)、可動式の小上がり畳を使ったリビングなど、変化に対応できる自由度の高い間取りを作りました。

みゆう間取り相談室のインスタグラム

家事動線の良い家を作るには

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

1回限定間取り相談

1回のみの間取り相談をしたあとにクロスや外壁、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

セカンドオピニオン

間取り相談は一級建築士事務所みゆう設計室が行っています。建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計しています。設計事例もご覧ください。

みゆう設計室HP

家事が楽になる間取りを
女性一級建築士がご提案します

この事例について

この事例の悩みの分類

間取りを決める日が迫って焦る間取り迷子 【間取り迷子になって不安…】妥協しない方法を教えて!