回遊できて収納たっぷりの変化に対応できる間取り【31坪4LDK】No.72A

回遊できて収納たっぷりの変化に対応できる間取り【31坪4LDK】

家事室の隣にファミリークローゼットを設け、将来1階だけで生活することも可能な回遊動線の間取り。延床面積が31坪で、LDKは15.7帖。キッチンにはパントリー、リビングにもリビングクローゼットを設け、玄関には土間収納があるので必要な場所に収納が充実している間取りです。

このような家を建てたい人にオススメ!
  1. 回遊できる家事動線の家
  2. 洗濯物の室内干しがしやすい家
  3. 家事室の隣にファミリークローゼットがある家
  4. 変化に対応でき、老後に1階だけで生活できる家

1階間取り

2階間取り

間取りの特徴

回遊できて収納が充実している間取り

回遊できて収納が充実している間取り

玄関、洗面所、家事室、ファミリークローゼット、リビング横の洋室、LDKと回遊できる間取りです。リビング横の洋室は将来主寝室にして1階だけでも過ごせるようにしてありますが、ワークスペースにして在宅勤務に対応したり、リビング学習のためのワークスペースをもうけたりしても良いですし、お昼寝や来客用の宿泊スペースとして使うことも可能な間取りです。もちろん扉を開けてリビングと一体に使ってもOK。

回遊動線上にたっぷり収納できるファミリークローゼットがあるので、リビングからも家事室からも衣類を取り出しやすい間取りです。

可動間仕切り収納を使った間取りの工夫

可動間仕切り収納を使った間取りの工夫

2階は主寝室以外の使用用途が定まっていないので、可動間仕切り収納を使って広い部屋を2室に分ける方法をご提案しました。必ずしも寝室や個室として使う必要は無く、サブリビングとしてテレビを置いても良いですし、書斎や読書スペースにしてもOKです。

みゆう間取り相談室のインスタグラム

家事動線の良い家を作るには

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

1回限定間取り相談

1回のみの間取り相談をしたあとにクロスや外壁、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

セカンドオピニオン

間取り相談は一級建築士事務所みゆう設計室が行っています。建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計しています。設計事例もご覧ください。

みゆう設計室公式HP

家事が楽になる間取りを
女性一級建築士がご提案します

この事例について

この事例の悩みの分類

この事例の他の間取り