バルコニーって必要?~バルコニー(ベランダ)の無い家が増えている理由

バルコニーはいらない~バルコニー(ベランダ)無しの間取りの工夫

2階建て以上の住宅にバルコニー(ベランダ)を設けるのが一般的ではありますが、最近はバルコニー無しの家にしたいという要望も増えています。みゆう間取り相談室でご提案する間取りでも増えてきました。

なぜバルコニーがいらないのか。なぜバルコニー無しの家が増えているのか。

バルコニーはいらないという声と、バルコニーが無いことのメリットデメリット、バルコニー無しの間取についてご紹介します。

みゆう建築士
みゆう建築士

神戸で住宅設計を行っている女性一級建築士みゆうです。二児の母で子育て中のパパママの家事・育児負担を減らす家を設計しています。間取り迷子を助けるために2019年から間取り相談をはじめました。このブログでは間取り相談やInstagramで頂いた質問等にお答えしています。

バルコニーとベランダの違い

バルコニー:建物から外に張り出した露台。屋根は無いものを指す。

ベランダ:日本ではバルコニーとほぼ同じ意味で使われているが、屋根がかかっているものを指す。ガラスがはめ込まれたサンルームやインナーテラスのこともベランダと言うことがある。

※建築基準法施行令ではバルコニーの表記のみ。本記事ではバルコニーと表記します。

バルコニーがいらない理由

バルコニーはいらない?

まずはなぜ「バルコニーはいらない」という人が増えてきたのでしょうか。バルコニーは不要と言われる方たちには共通点がありました。

お掃除が大変

バルコニーは何も使わなくても汚れるし、落ち葉などのお掃除も大変。お掃除の手間を減らしたいので、バルコニーは無しにしたい。

これは私も共感。砂埃や落ち葉などが入るので、バルコニーは使わなくても汚れます。樋に落ち葉が詰まって雨水が流れないこともありますし、床の防水も耐用年数があるのでメンテナンスも定期的に必要です。

きちんとメンテナンスしないと家に水が侵入することもあり得ます。

そのメンテナンスの手間を減らしたい、というのは納得です。

洗濯物をバルコニーで干さない

洗濯物をバルコニーで干すことは無いので、必要ないです。

最近増えてきたのがこのケース。洗濯物は室内干しにする、もしくは機械乾燥をするのでバルコニーは不要という人が増えてきました。シーツなどは干したい、という人も洗濯機を置く洗面所近くのお庭に干すからOK、という人もいます。

防犯のことを考えてバルコニーを設けたくない

少しでも防犯リスクを減らすために、2階から侵入できるバルコニーや下屋は設けたくないな・・・。

2階バルコニーには掃き出し窓があること、また窓を開けっぱなしにしている家もあることから、バルコニーから泥棒が侵入することもあります。外部から見やすくしたり、塀などから上がれない場所にバルコニーを設けたりすることで、防犯リスクは下げることは可能ですが、気になる人はとても気になるようです。

バルコニー無しの家のメリットデメリット

バルコニーが無いメリットデメリット

それでは、バルコニーは無くても良いのでしょうか?バルコニーが無いことのメリットデメリットをあげてみましょう。

バルコニーが無いデメリット

バルコニーが無いとエアコンの室外機をバルコニーに置けません。室外機を壁付けにするか、配管を長くして1階に置く必要があるので、外観に影響します。

火災時に玄関や1階の窓から避難できないときにバルコニーは避難経路にもなるので、バルコニーが無いと避難しにくくなります。

また、2階に大きい家具等搬入する際に、階段を通らない場合は2階バルコニーから入れることもあります。バルコニーがお布団はバルコニーに干すことができませんね。そのような可能性を減らすのがバルコニーが無いデメリットです。

バルコニーが無いメリット

バルコニーを設けたくないという人たちが言われているように、バルコニーが無いことで2階の泥棒侵入のリスクは減ります。また、バルコニーによる雨漏りなど水の浸入リスクが減ります。

バルコニーのお掃除やメンテナンスの手間が減るのもメリットですね。

バルコニーを設けない場合の間取り

バルコニーを設けない場合の間取り

最後に「バルコニー無しの家にしたい」というご要望の間取りを3つご紹介します。

1階に日当たりの良い室内干しランドリールームを設けた間取り

1階間取り

2階間取り

この間取りの特徴

脱衣室、洗面、ファミリークローゼット、ランドリールームが直線配置となり、日当たりの良い南側に室内干しができるようにしてあります。1階で洗濯作業が片付くので、2階にはバルコニーを設けていません。また、仕事用の衣類を別に洗濯したい、ということで2台めの洗濯機をランドリールームに置けるように計画しています。

2階に日当たりの良い家事室があるバルコニー無しの間取り

1階間取り

2階間取り

この間取りの特徴

2階の階段上、各個室の間に日当たりの良い家事室を設けています。バルコニーは設けず、洗濯物は全てこの家事室での室内干しに。子ども室とも近接しているので、お子さんが小さいうちは子ども部屋でお子さんが遊んでいる様子を見ながら洗濯物を干したり片付けたりできますし、大きくなってからもお互いの気配を感じることが可能です。

子どもの様子が見える家事室のある間取り【35坪5LDK】子どもの様子が見える家事室のある間取り【35坪5LDK】No.48A

洗面・脱衣別で洗面所隣に外干しテラスを設けたほぼ平屋建の間取り

1階間取り

2階間取り

この間取りの特徴

2階は子ども室と書斎のみのほぼ平屋で、洗面所のすぐ隣に外干しテラスがあるので洗濯が楽になるお住まいです。洗面所と脱衣室が別になっているので、家族が入浴中も安心して洗面所が使えます。

洗面・脱衣別で家事ラク!ほぼ平屋建の間取り【32坪4LDK】洗面・脱衣別で家事ラク!ほぼ平屋建の間取り【32坪4LDK】No.53C

バルコニー無しで納得のいく間取りの家を作りたい方は

みゆう建築士
みゆう建築士

間取りに悩んでいる、納得のいく間取りを作りたい、という方はみゆう間取り相談室にご相談ください。オンラインで実際にお話しして、あなたの家づくりへの思いを丁寧に聞き取り、間取りをご提案致します。バルコニー無しの間取りのご要望にも対応可能です!

家事が楽になる間取りを
女性一級建築士がご提案します

「バルコニー無し」の間取り一覧

みゆう間取り相談室のインスタグラム

家事動線の良い家を作るには

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

1回限定間取り相談

1回のみの間取り相談をしたあとにクロスや外壁、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

セカンドオピニオン

間取り相談は一級建築士事務所みゆう設計室が行っています。建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計しています。設計事例もご覧ください。

みゆう設計室公式HP