完全同居型二世帯住宅で共に暮らす家族各々の空間がある家【42坪3LDK2階建】No.95A

完全同居型二世帯住宅で共に暮らす家族各々の空間がある家【42坪3LDK2階建】No.95A

完全同居型二世帯住宅で、家族各々が一人になれる空間と、各世帯心地よく過ごせる居場所がある間取り。延床面積が42坪で、LDKは21.2帖。広いLDK周辺には収納も充実していて、日中家に居ることの多い親世帯がリビングダイニングを快適に使えるお住まいです。

このような家を建てたい人にオススメ!
  1. 収納が充実した完全同居型二世帯住宅の間取り
  2. 二世帯住宅でリビング横に親世帯個室がある間取り
  3. 子世帯夫婦それぞれの書斎がある間取り
  4. 子世帯エリアにランドリールームがある間取り
  5. 二世帯住宅で共に暮らす家族各々の空間がある家

1階間取り

2階間取り

間取りの特徴

仏壇を置ける畳スペースが広めのLDKに隣り合う二世帯住宅の間取り

仏壇を置ける畳スペースが広めのLDKに隣り合う二世帯住宅の間取りNo.95A

1階に親世帯の個室、2階に子世帯の個室を設けた完全同居型二世帯住宅。二世帯の家族が広々と暮らせるように、LDKを広くしています。LDKに面して来客が集まれる畳スペースを設け、お仏壇を置けるように一部を板間にしました。

収納が充実した完全同居型二世帯住宅の間取り

収納が充実した完全同居型二世帯住宅の間取りNo.95A

二世帯が共に過ごすLDKなので、広さだけでなく収納も充実させました。食品ストックやキッチン家電を収納するパントリー、季節外家電など大物を収納する階段下収納、外回りの物を収納する玄関土間収納、小物や書類などを収納できるリビング収納など、ものを使う場所に収納を設けているので、広々リビングもすっきりさせることが可能です。

二世帯住宅でリビング横に親世帯個室がある間取り

二世帯住宅でリビング横に親世帯個室がある間取りNo.95A

子世帯は平日の日中家に居ることが少ないので、日中も家に居ることの多い親世帯をリビングの隣にして、リビングダイニングを使いやすく、一人で過ごしている時は一体にも使えるようにしています。

子世帯夫婦それぞれの書斎がある間取り

子世帯夫婦それぞれの書斎がある間取りNo.95A

夫婦二人の子世帯は、夫婦それぞれが自分の持ち物を置き、一人になって集中して作業などができる各々の書斎を設けました。奥様は自分の書斎でお化粧もしたい、ということだったので、書斎を出た外に子世帯用の洗面台を設けています。

子世帯エリアにランドリールームがある間取り

子世帯エリアにランドリールームがある間取りNo.95A

お風呂は二世帯共用ですが、洗濯は別々に行うために2階子世帯フロアにランドリールームを設けました。共働きでほぼ室内干しを予定しているので、室内干しをしても乾きやすい南面に。そしてシーツなどの大きなものはバルコニーに干すことも可能。ランドリールームからバルコニーに直接出られるので、洗濯がとても楽な間取りです。

二世帯住宅で共に暮らす家族各々の空間がある家

二世帯住宅で共に暮らす家族各々の空間がある家No.95A

キッチンやお風呂、リビングダイニング共用で、大人ばかりの二世帯住宅なので、それぞれが一緒に過ごすときも一人で過ごすときも、また親世帯・子世帯で別々に過ごすときも居場所がある、家族各々の空間がある間取りにしました。子世帯フロアには小さなサブリビングも。夫婦で映画やテレビを見る時は2階のサブリビングを使えます。

みゆう間取り相談室のインスタグラム

家事動線の良い家を作るには

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

1回限定間取り相談

1回のみの間取り相談をしたあとにクロスや外壁、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

セカンドオピニオン

間取り相談は一級建築士事務所みゆう設計室が行っています。建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計しています。設計事例もご覧ください。

みゆう設計室公式HP

家事が楽になる間取りを
女性一級建築士がご提案します

この事例について

この事例の悩みの分類

この事例の他の間取り