インナーテラスを活かした洗濯動線の良い間取り【36坪3LDK2階建】

3LDK+インナーテラス、畳コーナーのある洗濯動線の良い間取り。延床面積が36坪で、LDKは19.2帖。不整形な敷地を活かして子育てしやすく家事負担を軽減した間取りを作成しました。

このような家を建てたい人にオススメ!
  1. 洗濯動線の良い家
  2. インナーテラスを室内干しと日常使い両方楽しめる家
  3. 子どもの様子を見ながら家事がしやすい家
  4. 必要な場所に、必要な収納がある家
  5. ゆったりとおしゃれに生活できる家

1階間取り

インナーテラスを活かした洗濯動線の良い家1階

2階間取り

インナーテラスを活かした洗濯動線の良い家

間取りの特徴

家事動線の良い間取り

家事動線の良い間取り

洗濯動線の良い間取り

洗濯物を洗う(脱衣室)→洗濯物を干す(インナーテラス、浴室、庭)→洗濯物を畳む・片付ける(家事室)

2階の各室収納やWICLまでは距離がありますが、よく着る服は1階においておけば洗濯に関連する家事負担が減ります。

帰宅動線の良い間取り

食材などを購入して帰宅して、シューズクローゼットで靴を脱いでコートを掛けたら、すぐに片づけられる位置にキッチンを設けています。LDKの入口はリビング側にあるので、リビングに入ってすぐキッチンが丸見えになることも避けられます。勝手口を設けていないので、玄関からゴミを出す動線も短くなります。

インナーテラスを活かした間取り

インナーテラスを活かした間取り

インナーテラスをLDKと連続させてリラックス空間として使う時、また、室内干し空間として使う時、どちらの使用方法も可能なのは隣に家事室があるからです。家事室に洗濯物干し用の道具をすぐに片づけられれば、リラックス空間として使用しやすくなります。

子育てしやすい間取り

子育てしやすい間取り

赤ちゃんのいる家庭では遊ぶ場所、お昼寝できる場所がリビングダイニングの近くにあると親子共に安心できます。キッチンや洗濯物を干すインナーテラスから畳コーナーが見え、押入れを設けているのでお昼寝布団やおもちゃの収納も可能です。

リビングダイニングに片付けやすい収納がある間取り

必要な場所に収納がある間取り

リビングダイニングの過ごす場所の近くに壁面収納を設けています。ダイニングテーブルから手の届く位置に収納があるので書類や文具類をすぐに片づけられます。

また、帰宅後すぐにコートをかけられたり、洗濯関連の道具を家事室に収納できたり、必要な場所に必要な収納があるので、片付ける場所に悩まなくなります。

居心地の良いリラックス空間がある間取り

過ごす場所を横切らない動線

おしゃれでゆったりと過ごせる家をご希望でしたので、リビングやダイニングの居心地よいゾーンが頻繁に往来する動線上に無い間取りにしています。

2階にファミリーデスクを設けたフリースペースのある間取り

ファミリーデスクのあるフリースペース

書斎を希望されていましたが、相談時にもう少し面積を減らしたいという要望だったので、2階に日当たりの良いフリースペースを設けてその空間にファミリーデスクを設けました。お子さんが個室が必要になるまでは1室を書斎として使用することも可能なので、将来的にデスクを設けても良いでしょう。

この事例の間取り相談の流れ

妻の理想の家を建てたい!家事・育児をしやすい家をつくる間取り相談

この事例について

間取りNo.025-B
延床面積36坪
建築分類2階建、木造住宅、新築、3LDK
間取りの特徴インナーテラス、家事動線の良い間取り、家事室、畳コーナー、Ⅱ型のキッチン、アイランドキッチン、洗面脱衣別、ウォークスルーのシューズクローゼット
家族構成子育て家庭、赤ちゃんのいる家

この事例の悩みの分類

住宅メーカーの提案が不安 【住宅メーカーの提案に不安】何度変えても間取りが良くならない…

この事例の他の間取り

家事育児がしやすい間取りの家 家事育児がしやすい間取りの家【40坪3LDK2階建】

家事動線の良い間取りの家を作りたい方は

間取り相談をしたい

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。「みゆう間取り相談室」では、オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

間取り相談お申込み・お問合せ

家づくりのセカンドオピニオン

1回のみの間取り相談をしたあとに、間取りだけでなくクロスや外壁のアドバイス、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

家づくりのセカンドオピニオン

いえづくりのコツを知りたい

みゆう設計室は「いえづくりレシピ」というホームページで「家事ラク動線の家」のつくりかたについて書いています。ぜひこちらのホームページもご覧ください。

いえづくりレシピ

家事ラク動線の家の家を作ってほしい

みゆう設計室は、建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計します。みゆう設計室の家づくりについてはぜひ公式ホームページをご覧ください。

みゆう設計室公式ホームページ