完全同居型二世帯住宅のプライバシー確保しやすい間取り【35坪4LDK2階建】No.24B

完全同居型二世帯住宅のプライバシー確保しやすい間取り【35坪4LDK2階建】

4LDK、サブリビングのある完全同居型二世帯住宅の間取り。延床面積が35坪で、LDKは14.5帖。水回り、リビング、玄関などすべて共用の二世帯住宅でプライバシーを確保しやすく、かつ家事がしやすい間取りをつくりました。

このような家を建てたい人にオススメ!
  1. 二世帯のプライバシーを確保しやすい家
  2. 洗濯物の室内干しがしやすい家
  3. 乾太くん(ガス衣料乾燥機)のある家
  4. 必要な場所に、必要な収納がある家

1階間取り

2階間取り

間取りの特徴

親世帯と子世帯のプライバシーを確保しやすい二世帯住宅の間取り

1階親世帯の室内干し

1階親世帯の室内干し

お互いのプライバシーを確保したいけれど、水回りやキッチン、玄関などすべて共用の二世帯住宅で延床面積もそれほど大きくできない・・・というお悩みでしたので、2階に子世帯が使用できる小さなサブリビングを設けました。個室の位置が重なるとお互い音を気にすることもあると思うので、個室上下階が重ならないように配慮しました。

洗濯物の室内干しをしやすい間取り

1階洗面所の洗濯機スペース

2階の室内干しスペース

できれば乾太くん(ガス衣類乾燥機)を使用したい、ということでしたので洗面所には洗濯物を畳めるカウンターと収納をご提案しました。乾太くんから取り出してすぐに乾いた衣類の仕分けができるととても片付けが楽になります。また、室内干しは2階のフリースペースで。こちらにも作業台があるので乾いた衣類を畳んだりアイロンがけをしたりできます。

「いえづくりレシピ」の記事もチェック!

必要な場所に、必要な収納がある間取り

必要な場所に必要な収納がある間取り

キャンプやサイクリングなどが好きなご家族でしたので、シューズクローゼットは広めにしてキャンプ用品や自転車が収納できるようにしました。日常使いの靴、傘、コート類は玄関内に収納を確保しています。

二世帯住宅としてはコンパクトな間取りかもしれませんが、必要な場所に必要な収納があるので、それぞれの場所ではすっきり暮らせることでしょう。

この事例の間取り相談の流れ

みゆう間取り相談室のインスタグラム

家事動線の良い家を作るには

住宅メーカーと契約しているけれど間取りに不安という方はお問合せください。オンラインもしくは対面でお話しして不安を解消してから間取り提案をしています。

1回限定間取り相談

1回のみの間取り相談をしたあとにクロスや外壁、コンセント位置などのアドバイスを行うことも可能です。長期のご相談の方は、間取り提案の回数に制限はありません。

セカンドオピニオン

間取り相談は一級建築士事務所みゆう設計室が行っています。建築主に寄り添い、家事や育児負担を軽減させる家を設計しています。設計事例もご覧ください。

みゆう設計室HP

家事が楽になる間取りを
女性一級建築士がご提案します

この事例について

この事例の悩みの分類

よい間取りとは何か分からない 【根本的なお悩み】自分に合う良い間取りが分からない

この事例の他の間取り

洗濯物室内干しがしやすい完全同居型二世帯住宅の間取り【35坪4LDK2階建】 洗濯物室内干しがしやすい完全同居型二世帯住宅の間取り【35坪4LDK2階建】No.24A